本文へスキップ

住宅・マンション・土地・収益用不動産のご相談はビーウェル不動産へ

電話でのお問い合わせは0798-63-0816

〒663-8033 兵庫県西宮市高木東町30-16

エコライフサポートdetai

エコへの取り組みについて

ダブル断熱で省エネ
 外壁材には断熱性能の高い厚さ37ミリのALC板を採用し、壁内は次世代省エネ基準対応の断熱材を採用しています。
 外側と内側の「ダブル断熱」により住宅の断熱・保温性を高めています。
 断熱・保温性を高めるとエアコンなどの冷暖房器具の使用頻度が少なくなります。

断熱サッシにペアガラス・Low-Eガラスで省エネ
 居室のサッシは断熱サッシで窓ガラスはペアガラスを標準採用しています。
 分譲地によって光を通して熱を遮熱する窓ガラス Low−Eガラスを採用しています。
 Low-Eガラスは暑い日差しや西日などの熱を遮熱するのでエアコンなどの使用頻度が少なくなります。

LEDライトで節電
 玄関ホールや廊下・トイレなどのダウンライトにはLEDライトを採用しています。
 採用したLEDライトは消費電力は5W〜6.4Wでクリプトン球の60W相当の明るさがあり,また電球色に近い
 やわらかなあかりで違和感が全くありません。
 参考までに日本全体の電球をLEDライトに変更すると原発13基分の電力が削減できるそうです。
 ビーウェル不動産の事務所はLED蛍光灯タイプに変更しています・・・電気代が30%位安くなりました。

給湯器も省エネ(暖ライフ・エコジョーズ・エコウィル・エネファーム)
 
LDKには床暖房(ヌック)を標準装備し床暖房専用の給湯器(暖ライフ)を採用しています。
 分譲地によっては高効率給湯(エコジョーズ)またはガス発電・給湯システム(エコウィル)を採用しています。
 伊丹市中野西プロジェクトには家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)を採用しています。

太陽光発電システムで節電
 発電する給湯器と併用して太陽光発電システムを一部の分譲地で採用しています。
 発電した電気を使い一部を売電(発電した電気を売る)することで電気代が安くなります。
 エコウィルあるいはエネファームと組み合わせると非常に効率のよい売電をしてくれます。
 「電気は自給自足」そんな時代が来るかもしれません。
 ・西宮市小曽根2丁目プロジェクトは「太陽光発電システム+エコウィル」の「ダブル発電」を採用しています。
 ・伊丹市中野西プロジェクトは「太陽光発電システム+エネファーム」の「ダブル発電」を採用しています。
 ・西宮市洲鳥町1号地は「太陽光発電システム+エネファーム」の「ダブル発電」を採用しています。
  また、洲鳥町1号地はゼロエネルギー(電気代ゼロ)をコンセプトにした住宅になっています。

節水・保温で省エネ
 浴室のシャワーやキッチンの蛇口は節湯タイプを採用し、トイレは節水効率の高い商品を採用しています。
 「節水は心がけひとつ」蛇口付近に「こまめに節水」と張り紙しましょう ← これは標準装備してません。
 浴室の浴槽は保温浴槽によりお湯の温度低下防いでいます。(追いだきが少なくなるので省エネになります。)

壁材・床材・内装建具で省エネ
 分譲地によっては内装の仕上げに漆喰を床・内装建具に無垢材を採用しています。(ナチュラルセレクション)
 漆喰や無垢材は湿度を調節し一定に保つ効果があり、エアコンなどの使用頻度が少なくなる傾向があります。
 
 外観 内装1

 内装2  内装3